プロフィール

>> English

  坪田 純哉

  つぼた じゅんや
  • 1974埼玉県生まれ・東京育ち
  • 1999東京藝術大学 美術学部絵画科日本画専攻 卒業(1997 安宅賞受賞)
  • 2001東京藝術大学大学院 美術研究科絵画専攻日本画修士課程 修了
  • 青垣2001年日本画展佳作賞 受賞
  • 2002渡欧
  • 2003帰国後 作家活動を再開
個展
  • 2004Gallery Restaurant with Bar Zodiac(東京)
  • アートスペース羅針盤(東京)
  • 2005Gallery Bakchos(東京)
  • 天文館画廊(鹿児島)
  • 2006アートスペース羅針盤(東京)
  • HAYATO NEW YORK 東京店
  • 2008アートスペース羅針盤(東京)
  • 2009新生堂(東京)
  • Gallery健(埼玉)
  • 2010ギャラリーアビアント(東京)
  • 2011川口市立医療センターミニギャラリー
  • Gallery健(埼玉)
  • 2012ギャラリーアビアント(東京)
  • 2013心斎橋大丸 特選ギャラリー(大阪)
  • 2014川口市立医療センターミニギャラリー
  • 靖山画廊(東京)
  • ギャラリーアビアント(東京)
  • 2015Gallery Seek(東京)
  • 仙台三越 アートギャラリー(宮城)
  • 2016吉祥寺東急 美術工芸品売場(東京)
  • 新潟三越 美術ギャラリー(新潟)
  • 池袋東武 美術画廊(東京)
  • ギャラリーアビアント(東京)
  • 2018あべのハルカス近鉄本店 アートギャラリー(大阪)
  • ギャラリーアビアント(東京)
  • 船橋東武 美術画廊(千葉)
  • 2019アートスペース羅針盤(東京)
  • 2020あべのハルカス近鉄本店 アートギャラリー(大阪)
  • 2021靖山画廊(東京)
  • 福屋八丁堀本店 ギャラリー101(広島)

グループ展・コンクール・百貨店催事等
  • 2000臥龍桜日本画大賞展 入選
  • 桜井敬史・坪田純哉 二人展(銀座ギャラリー中沢)
  • 2001青垣2001年日本画展 入賞(佳作賞受賞)
  • はままつ全国絵画公募展 入選
  • 桜井敬史・坪田純哉 二人展(銀座ギャラリー中沢)
  • 2005HOPE展(アートスペース羅針盤)
  • CAF.ネビュラ展(埼玉県立近代美術館)
  • 2006HOPE展(アートスペース羅針盤)
  • 2007HOPE展(アートスペース羅針盤)
  • CAF.ネビュラ展(埼玉県立近代美術館)
  • 2008ART SALAD展(masuiiRDR),ART SALAD 韓国展(KWANHOON gallery ソウル)
  • kaleidoscope(大丸 札幌店・東京店)
  • 2009Art Jukebox(さいか屋 横須賀店)
  • 涼夏展(さいか屋 川崎店)
  • ART SALAD Selection(川口市立アートギャラリーATLIA)
  • これから(仙台三越)
  • CAF.ネビュラ展(埼玉県立近代美術館)
  • たいせつなもの展(靖山画廊)
  • 2010新春絵画展(吉田町画廊)
  • 墨の新しい可能性(アートスペース羅針盤)
  • 17の視展(ギャラリーアートポイント)
  • たいせつなもの展(靖山画廊)
  • 2011阪本トクロウ・坪田純哉 二人展 (ギャラリーアビアント)
  • 第5回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展 入選
  • CAF.ネビュラ展(埼玉県立近代美術館)
  • ART SALAD展(masuiiRDR)
  • たいせつなもの展(靖山画廊)
  • 20120号の世界展WINTER(いつき美術画廊)
  • これから(広島三越)
  • 0号の世界展(仙台三越、まるひろ川越店、Bunkamura Box Gallery)
  • カレイドスコープ(心斎橋大丸)
  • 神戸アートマルシェ 出品(神戸メリケンパークオリエンタルホテル)
  • ART SALAD展(masuiiRDR)
  • たいせつなもの展(靖山画廊)
  • 20130号の世界展WINTER(いつき美術画廊) 0号の世界展(池袋東武、仙台三越、渋谷東急)
  • 三越美術逸品会 出品(日本橋三越)
  • カレイドスコープ(心斎橋大丸)
  • 扇(Gallery Seek)
  • SENSU展(靖山画廊)
  • 川口そごう 秋の大絵画展 出品
  • たいせつなもの展(靖山画廊)
  • 20140号の世界展WINTER(いつき美術画廊)
  • KALEIDOSCOPE(靖山画廊、新潟三越、心斎橋大丸、松山三越)
  • New Age Art展(所沢西武)
  • 0号の世界展(まるひろ川越店)
  • ART SALAD展(masuiiRDR)
  • たいせつなもの展(靖山画廊)
  • 2015東武春の絵画市 出品(池袋東武)
  • 猫の絵画展(東急たまプラーザ店)
  • 阪本トクロウ・佐藤草太・坪田純哉 三人展(ギャラリーアビアント)
  • 扇子展(靖山画廊)
  • たいせつなもの展(靖山画廊)
  • 2016移転4周年記念展(Gallery Seek)
  • 20th Anniversary特別企画展(靖山画廊)
  • 2017新春まんぷく!お年賀展(FEI ART MUSEUM YOKOHAMA)
  • 咲麗/SMという猫/金魚/秋(Gallery Seek)
  • 俳句へのオマージュ展(東京九段耀画廊)
  • コンテンポラリーアートの世界(名古屋栄三越)
  • アートフェアアジア福岡 出品(ホテルオークラ福岡)
  • 神戸アートマルシェ 出品(神戸メリケンパークオリエンタルホテル)
  • たいせつなもの展(靖山画廊)
  • 2018H7展(創英ギャラリー)
  • カレイドスコープ(新潟三越、船橋東武)
  • ART SALAD展(masuiiRDR)
  • Lovers(Gallery Seek)
  • 5周年記念展(創英ギャラリー)
  • 俳句へのオマージュ展(東京九段耀画廊)
  • Blue Collection(東急たまプラーザ店)
  • NIHONGA:Contemporary Art of Japan (SEIZAN GALLERY New York) (ニューヨーク)
  • たいせつなもの展(靖山画廊)
  • 2019日本画三人展(宇都宮東武)
  • 第2回 H7展(創英ギャラリー)
  • 咲麗/SMという猫(Gallery Seek)
  • NEW WAVE 次世代アーティスト展(GINZA SIX Artglorieux)
  • 福屋特選美術展 特集出品(広島・福屋八丁堀本店)
  • SUMMER EXHIBITION 2019 (SEIZAN GALLERY New York) (ニューヨーク)
  • 2020ザ・レッド(福岡・岩田屋三越 美術画廊)
  • 永遠に耀くメダリストへの讃美(東京九段耀画廊)
  • 毛色筆色(創英ギャラリー)
  • さいたま百花展(あるぴいの銀花ギャラリー)
  • 咲麗/アマカケルリュウニトキメキ(Gallery Seek)
  • 東武絵画市 出品(船橋東武)
  • 2021アートのミカタ(銀座三越 ギャラリー)
  • SMという猫(Gallery Seek)
  • 毛色筆色(創英ギャラリー)
  • さいたま百花展(あるぴいの銀花ギャラリー)
  • 日本画三人展(山口・ニシオカ画廊)
  • 現代の花鳥風月Vol.1(東急たまプラーザ店)
  • 福屋特選美術展 特集出品(広島・福屋八丁堀本店)

活動
2018.12 千葉市美術館 アーティスト・ワークショップ 素材で遊ぶ vol.2「箔」
「石井林響展」関連ワークシップの講師を担当させて頂きました。→詳細

2020.7 千葉市美術館 「さわれる美術館」日本画キット制作協力
美術館で行われる小・中学生向け体験プログラム「さわれる美術館」で活用する日本画キットの制作に協力させて頂きました。→詳細(千葉市美術館ニュースC'n95号より)

Media

2021.3 アートコレクターズ3月号掲載

靖山画廊における個展のプレビュー記事を掲載していただきました。

2021.1 アートコレクターズ1月号掲載

日本画特集「やっぱり日本画が好き」の中に掲載していただきました。

2020.4 ラジオ出演/市川うららFM

様々な業種のビジネスパーソンがゲスト出演する15分番組「Boys be ambitious」に出演させて頂きました。
[Spotify] Boys be ambitious (2020.4.3.OA)

2020.1 カレンダー掲載/共同印刷

「翠緑の息吹」(2018)の作品画像が カレンダーの5月-6月に採用されました。

2018.12 アートコレクターズ12月号掲載

船橋東武における個展の広告を掲載していただきました。

2018.12 アートコレクターズ12月号掲載

靖山画廊「たいせつなもの展ー平成ー」の記事の中に作品「富士額」を掲載していただきました。

2018.9 アートコレクターズ9月号掲載

SEIZAN GALLERY New Yorkのオープニング企画の記事の中に出品作「舞曲」を掲載していただきました。

2018.5 月刊美術5月号掲載

「心奪われる作家たち」特集に創英ギャラリーからのご推薦で掲載していただきました。

2017.12 アートコレクターズ12月号掲載

靖山画廊「たいせつなもの展ーいちごー」の記事の中に作品を掲載していただきました。

2016.1 カレンダー掲載/丸井工文社

「square garden」(2012)「銀のしじま」(2014)の作品画像がカレンダーの1月、7月に採用されました。

2014.5 アートコレクターズ5月号掲載

靖山画廊での個展広告を掲載していただきました。

2013. スルガ銀行DM

Collectors loan/ARTのDM広告に「花の泉」(2010)の作品画像をご提供致しました。

2013.10 アートコレクターズ10月号掲載

日本画特集「やっぱり日本画が好き」の中に紹介していただきました。

2012. Art Quarter vol.1
The Sensible Asian Modern Art 掲載

台湾の美術雑誌dpi magazineの季刊"Art Quarter" vol.1に6ページにわたって掲載していただきました。

2011. エリトア 3rd 冬

特集「アートを学ぶということ」で絵画教室講師として取材を受けた記事が掲載されました。

2003. 小説「錆びついた絆」表紙
新井洋二郎/著 碧天舎

リンクさせていただいております-Le moineau-すずめさんにより、小説の表紙に「青の街」(2001)の部分を使っていただきました。


English

Junya TSUBOTA

Born in Saitama, Japan, in 1974 and grew up in Tokyo
1999 Graduated Tokyo National University of Fine Arts and Music, School of Fine Arts, Department of Painting,
   Major in Nihonga (Japanese-style Painting)
2001 Received Master's Degree from Tokyo National University of Fine Arts and Music, Graduate School of Fine Arts
2002 Relocated to Europe

[Awards]
1997 Recipient of Ataka Prize (Tokyo National University of Fine Arts and Music, School of Fine Arts)
2001 Honorable Mention Award, 15th Aogaki 2001 Nihonga Exhibition
2011 Selected for Shingo Hshino Prize Exhibition, Triennale Toyohashi

[Selected Solo Exhibition]
2009 Solo Exhibition (Shinseido / Tokyo)
2010 Solo Exhibition (Gallery A Bientot / Tokyo, continued in 2012,2014,2016,2018)
2013 Solo Exhibition (Daimaru Department Store, Sinsaibashi / Osaka)
2014 Solo Exhibition (Seizan Gallery / Tokyo)
2015 Solo Exhibition (Mitsukoshi Department Store, Sendai / Miyagi)
2016 Solo Exhibition (Tokyu Department Store, Kichijoji / Tokyo)
2016 Solo Exhibition (Mitsukoshi Department Store, Niigata)
2016 Solo Exhibition (Tobu Department Store, Ikebukuro / Tokyo)
2018 Solo Exhibition (Kintetsu Department Store Abeno Harukas, Osaka)
2018 Solo Exhibition (Tobu Department Store, Funabashi / Chiba)
2019 Solo Exhibition (Art Space Rashinban / Tokyo)
2020 Solo Exhibition (Kintetsu Department Store Abeno Harukas, Osaka)
2021 Solo Exhibition (Seizan Gallery / Tokyo)

[Selected Group Exhibitions]
2018 NIHONGA : Contemporary Art of Japan (Seizan Gallery New York)

Several other group exhibitions

LinksContact

ページのトップへ戻る